戦後の葬儀1

1945年に第2次大戦が終結すると、その後数年間は物資不足やインフレで、人々の生活は混乱しました。

 

1950年になると特需景気の影響もあり、徐々に経済や社会が立ち直っていくことになります。

 

葬儀は復興し、そして変化していくのもそれからになります。

 

その変化はまず、祭壇や葬具におこりました。

 

1953年前後に、葬具の製造業者や販売業者が次々に誕生したのです。

 

大都市以外では、棺や葬具は葬祭業者が製作し、販売や貸出をしていたのですが、製造業者や販売業者が誕生し、全国的に営業を始めると、葬祭業者はこれを仕入れて使用するようになりました。

 

これによって、葬具は全国的な標準のようなものができあがりました。

 

また、それはバラエティに富んだものになっていきました。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。