宮型霊柩車の普及

以前、宮型霊柩車の登場についてブログを書きました。

 

登場してから普及するのには時間のラグがあり、普及は1960年以降のことでした。

 

この頃になると、都市と地方の情報の交流が活発になります。

 

葬儀業界の動きも活発化し、交通の近代化が地方にまで及ぶと、高度経済成長の後押しもあって宮型霊柩車が普及していくことになります。

 

それと同時に、地方でも葬列が姿を消していき、全国的に告別式が中心になっていきました。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。