高度経済成長期以降の葬儀

1970年以降、葬列がなくなり告別式が葬儀の中心になりました。

 

また、時代の流れで家族や関係者が様々な地域に拡散したことで、葬式が通夜、告別式(or葬儀)の二日間に集中することになりました。

 

この結果、初七日の法要が式中に繰り上げて行われるようになります。

 

その日のうちに初七日法要を終えて、様々な地域から集まった人が各地に帰るという都合上、葬儀・告別式が一時間程度で行われることが一般的になったのはこの頃です。

 

式の途中から焼香が始まるなど、葬儀の形が変異していくこととなりました。

 

そうなりますと、お葬式と言われて連想する形と、ほとんど差異のない状態になりますね。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。