バブル崩壊後の葬儀2

2000年以降、バブル崩壊後の長く続く不況の影響などで、葬儀の小型化、密教化が進んでいきます。

 

また、死亡者の高齢化なども大きな影響を与えました。

 

葬儀に対して、地域のコミュニティの関わりも弱くなりましたし、葬儀の個人化ともいえる状況になってきています。

 

法要の簡略化も進んでいます。七日ごとの法要は省略され、式中の初七日と、四十九日の法要のみを行うというパターンが多くなっています。

 

当社ではほとんど行っていませんが、出棺前初七日が行われるということもあるようです。

 

最も大きな変化ですが、病院からご遺体をご自宅に搬送するというケースが減っています。

 

当社でも、多くがこのケースです。

 

そのため、枕経などが省略されることが多いです。

 

現代人の生活や状況の変化にともなって、葬儀も刻々と変化していっています。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。