自宅から斎場へ1

葬儀と言われてイメージされる場所はどこでしょう。

 

多くの方が斎場を思い浮かべるかと思います。

 

実際、現在多くの葬儀は斎場で行われます。

 

しかし、元来は自宅や寺院で行われるものでした。

 

しかし、戦後になって家屋の構造の変化が起こったり、車社会になったことなど様々な要素が絡んで、現在のような状況になりました。

 

火葬場に式場を付設する要望があったことから始まり、現在では民営の斎場が多くあります。

 

また、大都市では公営の斎場が多く、また寺院が斎場を運営していることも多いです。

 

 

 全国市民葬祭協会 大田区民葬祭は、大田区を中心に、東京・神奈川で無駄のない、低価格・格安のお葬式を提供させていただいております。

 

ご葬儀に関するご質問、お問い合わせはいつでも受け付けております。

 

また、お葬式のことだけでなく、それに関わることでご質問、お問い合わせがございましたら、お気軽にご連絡ください。